Just another WordPress site

二十四節気 霜降について

霜降(そうこう)とは、二十四節気の一つで10月23日ごろ、およびこの日から立冬までの期間の事をいいます。
太陽黄経210度。寒露から数えて15日目ごろです。

霜降、字の通りこの頃から霜が降りる時期であるという意味合いがあります。秋がすっかり深まり、山間部や北国では霜が降り、朝晩の冷え込みが厳しくなってきて、この時期から紅葉が色づき始めます。
太斎玄の書いた暦便覧には「つゆが陰気に結ばれて、霜とな"

" (さらに…)

未分類

寒露は、夏の終わりにあります

あまり見かけない言葉ですが、寒露とかいて「かんろ」と読みます。
知らない人が、たくさんいると思いますがこの寒露も二十四節気の一つになります。
寒いという文字が使用されているので、季節的に冬を連想しますが実はこの寒露時期は10月8日頃になります。
秋の秋分から、数えて15日目になるとされています。
この言葉の意味は、晩夏から初秋にかけて野草に宿つゆのことを指しています。
夏が終わり、朝晩が少し肌寒く"

" (さらに…)

未分類

二十四節気のひとつ秋分

秋分とは、二十四節気のひとつで式の中央に置かれた中気です。現在広まっている定期法では、太陽が秋分点を通過した瞬間となっているため、9月23日頃になります。昼と夜の長さがほぼ等しくなる日でもあり、日本では、国民の祝日の秋分の日となります。国立天文台の算出する定期法によって閣議決定される天文学に基づいて年ごとに決定される世界でも珍しい国家の祝日です。また、彼岸の中日でもあります。西洋占星術では、天秤座

" (さらに…)

未分類

秋の始まりを表現している白露

日本には、1年をその季節に合わせて、節句で分けています。
その節句の数は全部で24あるので、一月に換算するとやく2個あることになります。
しかし、現代では全ての節句を知っている人は多くはいません。
有名な、大寒や立春などはよく普段でも使いますがこの白露は聞き慣れないことが多いはずです。
この白露を使用する時期は、夏が終わりを見せる9月8日ころから秋分までの期間になります。
この時期は、朝晩は秋の気"

" (さらに…)

未分類

日本の暦 処暑について

処暑(しょしょ)とは二十四節気のひとつで8月23日ごろ。およびその日から白露までの期間をいいます。
立秋から数えて15日目ごろ、太陽黄径150度。
暦便覧では「陽気とどまりて、初めて 退きやまんとすればなり」と記されていますように、厳しい暑さがおさまってくる時期ということです。日中はまだまだ暑い日が続きますが、朝夕は風も涼しく感じられます。

処暑の時期は、台風が頻発する季節でもあり、農作物の管理"

" (さらに…)

未分類